2012/1/2-2012/1/8の空模様。

年頭、多くの人が
「今年の抱負」
を胸に描き、あるいは書き初めをしたりします。
今年の牡羊座の「抱負」は、
必ず、現実的に叶えることができるようになっています。
「絶対に実現できる、やれる」
という前提で考えると、
「抱負」の内容がちょっと違ってくるのが面白いところです。


今年の「抱負」はもしかすると
あまり壮大ではなく
ちょっとベタかもしれません。
身近すぎるような気もするかもしれませんし
あるいは、既に始めてしまっていて
「これを継続するぞ!」
というようなことかもしれません。
あるいは、誰かの夢を叶えてあげたり
誰かの力を引っ張り出したり
そんなことが「抱負」になるのかもしれません。
いずれにせよ、それは心から、愛を込めて願うことで
前述の通り、現実の中でしっかり叶えることができるだろうと思います。

2011/12/26-2012/1/1の空模様。


年末年始、新しい手帳を買う人も多いと思います。
新しい手帳を入手すると
「ここにはこういうふうに書き込もう」とか
自分なりにルールを作ったりしながら
わくわく感を味わえます。
新しいバッグやお財布を手に入れたときも
何を入れようか
どんな使い方をしようか
と、その使い方へのイマジネーションが広がります。
私は、特に引っ越しの計画がないときでも
不動産屋さんの前に貼ってある間取り図を見るのが好きなのですが
その感覚にも通じるものがある気がします。


今週、そんなふうに
「新しい入れ物」
を手に入れたときのような、
既に所有しているものや
これから所有していきたいものについての
フレッシュな展望が広がるのではないかと思います。
大変具体的で、物理的ですが
ちょっとした現実的ファンタジーがありますし
これは、日々の意欲にもつながっていきます。


空っぽの「自分のいれもの」を前にしたとき、
人は「自分が本当に欲しいと思っているもの」の像に
不意に、行き当たることもあります。

2011/12/19-12/25の空模様。


「仕事」というと
「お金をもらってやること」とか
「プライベートとは切り離して考えるもの」とか
さまざまなイメージや定義が思い浮かびます。
でも、たぶん、人と関わって、
なにかしら人の代わりに請け負ってやることならば
それはすべて「仕事」と言えるような気がします。


「子供は遊ぶのが仕事」
というように、
「そのときやるべきことがすなわち、その人の仕事」
という考え方もあります。
となれば
病気をしたときは療養することが仕事ですし、
恋したときは切なく胸を焦がして相手を思うのが仕事、
などと、言えないこともありません。


今週、貴方の世界で、静かに何らかの「仕事」が始まります。
それは非常に広義のことで
「主婦だから関係ない」とか「受験生だから関係ない」とか
そういうことではないような気がします。
辞令や契約書のような「形」はなくとも、
自分が誰かに、あるいは遠くのなにかに向かって、
請け負ってみること。
それが今週始まる「仕事」なんじゃないかと思います。

2011/12/12-12/18の空模様。


新しい乗物が目の前に表れる!
みたいな感じのタイミングです。
飛行機や新幹線などは、
私たちが自分の人生や生活において「行ける場所」を
飛躍的に増やしてくれました。
今週はそんなふうに、
自分の足だけでは絶対にたどりつけないような場所に、
なにかが、あるいは誰かが、
貴方を連れて行ってくれるような出来事が発生しそうです。

2011/12/5-12/11の空模様。


不在通知が入っていても
贈り物は贈り物です。
タイミングがずれても
ちょっと見当違いでも
気持ちは気持ちだし
喜びは喜びです。


今週、ちょっとおかしな場所からかもしれませんが
そんなストライクな、
素敵な朗報が貴方の元に届くだろうと思います。
ちょっと遅れても
小さな誤解があっても
そのあたたかな気持ちとか、
貴方が知らされることの価値とかは
まったく無傷です。


そのメッセージは貴方を活性化させ、
さらに飛躍するための意志を
あたためてくれるだろうとおもいます。

2011/11/28-12/4の空模様。


生まれ育った場所とも
毎日過ごしている場所ともちがう、
とても遠い場所なのに
自分と深い関わりをもつものがあって
それと出会う。
そんなイメージのタイミングです。


人は世界の彼方で
自分の欠片を不意に、見つけてしまうことがあります。
それらは
単に「初めて会ったとは思えないほど懐かしい」誰かだったり
あるいは、自分のことがそのまま書いてあるように思える書物だったり
自分と同じ名前を持つ花や場所、星だったりします。


今週、貴方はそんな「自分の欠片」に
遠い場所で出会うのかもしれません。
あるいは、「自分の欠片」のほうから
遠い距離を超えて、貴方に会いに来てくれるのかもしれません。

2011/11/21-11/27の空模様。


腰を据える
というかたちで、気合いが入ります。
「この場所をできるだけ早く通り過ぎよう!」
とするのではなく
「とことんここに居座ってやるぞ、さあこい」
というような気合いです。
浮き足立つことも、余所見することもない、
今この瞬間に踏み止まって取り組もうとする覚悟です。


スピードはここから、ほとんど価値を持たなくなります。
いえ、スピードを出すためには、
動力となる重い筋肉やエンジンと
無駄な部分の限りない軽量化が求められますが
この時期は前者を強化するタイミング、と言えるかもしれません。
やがて生み出そうとしているスピードのために
今はあらゆる手段で「重厚さ」を求める時期なのではないかと思うのです。